JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

Food

ニンジン
ニンジン
旬

際立つ赤みと糖度の高さが特徴
全国的にも有名な各務原にんじん

各務原市は、全国的にも珍しいニンジンの2期作を行う全国有数の産地です。主力品種は、「向陽(こうよう)2号」と「彩誉(あやほまれ)」。春夏ニンジンが平成16年1月に、冬ニンジンが8月にそれぞれ「ぎふクリーン農業」の認証を取得しました。 また、緑肥栽培(緑色の植物を育て、土に返して肥料にする栽培方法)で、環境保全型農業にも取り組んでいます。
同産ニンジンは、保水性・浸透性に優れた同市特有の黒ボク土壌で栽培され、際立つ赤みと糖度の高さが特徴です。出荷量は、年間約4,000トン。

みのっ太の豆知識
ニンジンのちから

ニンジンはカロチンを多く含んだ野菜です。カロチンは体内でビタミンAに変わります。ニンジンの約4分の1本で1日に必要なビタミンAを摂ることができます。

みのっ太の豆知識
ページの上部へ戻る