JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

About

組合員・利用者のみなさまへ

JAぎふ自己改革について

 JAぎふは、地域に必要とされるJAをめざし、平成28年度から平成30年度末までの三年間、積極的な自己改革への挑戦として、「農業者の所得増大の実現」、「総合性発揮による地域の活性化」、「組合員と利用者に信頼される経営基盤の確立」に取り組んでまいりましたので、各項目の主な取り組みをご報告します。

動画はこちら

JAぎふ第3次中期三か年経営計画(平成28年度~平成30年度)

積極的な自己改革への挑戦
~地域に必要とされるJAであるためにトリプル1を実現する~
『販売品販売高100億円・新規就農者100名・貯金残高1兆円』

積極的な自己改革への挑戦

中期経営計画では3つの基本目標を掲げて自己改革に取り組みました!

  • 農業者の所得増大の実現

    • 需要に応じた農業生産の拡大
    • 付加価値の増大と新たなる販路の開拓による販売単価の向上
    • 生産コスト低減の取り組み強化
    • 農業経営体等への支援と新規就農者の育成
    • 営農事業体制と出向く営農指導の強化
  • 総合性の発揮による地域の活性化

    • 支店活動を通じた地域コミュニティーの活性化
    • ライフイベントを通じた総合事業サービスの拡大
    • 組合員の意思反映強化と情報発信
  • 組合員と利用者に信頼される経営基盤の確立

    • 積極的な事業展開による収支基盤の確立
    • 労働生産性向上に向けた体制整備
    • 業務執行体制(ガバナンス)の強化
    • 職員の意識改革と行動改革

トリプル1達成状況

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
販売品販売高 計画 95.1億円 98.0億円 101.6億円 ×
実績 96.0億円 101.3億円 89.1億円
新規就農者 計画 40名 × 80名 × 100名
実績 24名 58名 140名
貯金残高 計画 9,500億円 9,800億円 1兆100億円
実績 9,529億円 9,830億円 1兆160億円

※販売品販売高には、水田活用の直接支払交付金を含んでいます。

※JAでの販売高が新たに年間50万円以上の生産者は291名増(累計879名)となりました。

具体的取組みと成果

Ⅰ.農業者の所得増大の実現

生産コスト低減の取組み強化
(1)生産資材の仕入れ方法の見直し

【実践内容】

・資材を拠点に集約し、配送・管理にかかる業務の見直しと効率化を促進したことでコストの低減と配送サービスの向上を実現しました。
・低コスト、低労力資材について平成30年度は銘柄集約肥料4品目、低価格トラクター、除草作業軽減資材の普及に取り組みました。

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
市場調査による
価格設定
計画 10件 15件 20件
実績 98件 121件 131件
低コスト資材提案 計画 5件 × 10件 × 15件 ×
実績 2件 4件 5件

※商品価格は変動がございます。また、詳しい使用方法等は最寄りの支店にお問合せ下さい。

(2)レンタル農機事業の拡充と新たな栽培技術の提案

【実践内容】

・重点品目、主要品目の拡大と労働コスト削減を目指したレンタル農機の利用拡大に努めました。

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
レンタル農機導入 計画 10台 × 10台 × 10台 ×
実績 6台 8台 8台
レンタル農機
利用件数
計画 80件 100件 120件
実績 117件 158件 122件
新たな
栽培技術の導入
計画 5件 × 10件 × 15件 ×
実績 2件 0件 0件

※レンタル農機のお問合せは、お近くのJAぎふ各支店窓口へ

農業経営体等への支援と新規就農者の育成
(1)安心して農業が継続できる「目的積立金」の創設

【実践内容】

・平成30年度は生産資材価格高騰対策支援の対象に、出荷資材を追加しました。平成30年度までに合計6,799件、9,537万円を助成しました。

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
目的積立金の構築 計画 取崩基準策定 実践 実践
実績 基準策定済み 実践 実践

※目的積立金のお問合せは、JAぎふ本店農業総合対策室へ(TEL:058-265-3534

(2)農業資金融資と農業リスクに対する保障提案

【実践内容】

・農業者、担い手への農業融資、補助事業の取り組みを積極的に行いました。

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
農業関連融資残高 計画 11.5億円 15.7億円 22.0億円
実績 12.8億円 20.8億円 27.6億円

※農業関連資金のお問合せは、お近くのJAぎふ各支店窓口へ

(3)新規就農者の育成

【実践内容】

・新規就農相談機能体制の強化として、就農相談、農地斡旋、営農準備資金の情報提供を行いました。また、行政と一体となった就農セミナーや園芸塾、野菜専門塾を開催しました。

※新規就農や野菜専門塾のお問合せは、JAぎふ本店農業総合対策室へ(TEL:058-265-3534

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
園芸塾等の
研修会開催
計画 112回 124回 136回
実績 127回 129回 145回

柿栽培を学びたい方はこちらから

(4)農業者に対する労働力支援制度の構築

【実践内容】

農業の人手不足を解消するために、平成29年10月2日から、「無料職業紹介事業」を開始しました。JAぎふのホームページ内に、援農者募集専用ページを開設し、正組合員の皆さまの求人情報を掲載。平成30年度は、雇用就農者が49名になりました。

農業でお手伝いをしたい方はこちらへ

(5)女子力を活かした農産物の生産・販売への取り組み強化

【実践内容】

・女性部および女子大(JAwing)による園芸教室を8回行い、地元農畜産物を使用した料理教室も実施しました。新たな食農リーダーが28名誕生しました。

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
女子大の
園芸教室開催
計画 6回 6回 6回
実績 8回 8回 8回
食農リーダーの
育成
計画 10名 10名 10名
実績 25名 16名 28名

※女性部組織(女子大(JAwing)等)のお問合せは、JAぎふ本店生活ふれあい課へ(TEL:058-265-3546

営農事業体制と出向く営農指導の強化

 出向く営農指導の強化と支援を目的に、水稲・園芸の分野別TACおよび、産直店舗の運営強化を目的とした産直エリアマネージャーを導入しています。

Ⅱ.総合性の発揮による地域の活性化

支店活動を通じた地域コミュニティーの活性化
(1)支店協同活動による活性化

【実践内容】

・組合員や地域住民にとって身近な支店を活動拠点として、夏祭り・収穫祭を管内64ヶ所にて開催しました。

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
夏祭り、
収穫祭等の開催
計画 40ヶ所 40ヶ所 40ヶ所
実績 44ヶ所 63ヶ所 64ヶ所

※夏祭り・収穫祭のお問い合わせは、お近くのJAぎふ各支店窓口へ

(2)子育て世代ファミリー層への活動強化

【実践内容】

・「アンパンマンこどもくらぶ」の平成30年度新規会員は265名、総会員数は1,104名となりました。
・平成30年度、アンパンマン交通安全キャラバンを2回実施しました。

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
幼児応援貯金
の取扱い
計画 300件 300件 300件
実績 454件 421件 428件
JAぎふJA共済
アンパンマン
こどもくらぶ会員
計画 250名 250名 250名
実績 277名 266名 265名

※アンパンマンこどもくらぶのお問い合わせは、お近くのJAぎふ各支店窓口へ

ライフイベントを通じた総合事業サービスの拡大
(1)都市(市街化)農業の振興と農地保全の取り組み強化

【実践内容】

 都市農業の振興と農地保全の取り組みとして、農家開設型市民農園、JA開設型市民農園・体験農園、農園付戸建賃貸住宅の開設サポートを行っています。

達成基準項目 平成28年度 達成
状況
平成29年度 達成
状況
平成30年度 達成
状況
農家開設型
市民農園
計画 2件 4件 6件 ×
実績 3件 5件 2件
体験農園・JA
開設型市民農園
計画 3件 × 7件 × 7件 ×
実績 2件 1件 0件

JAぎふ農園情報はこちらから

組合員の意思反映強化と情報発信
(1)准組合員の「農業振興の応援団」となる取り組み

【実践内容】

・平成30年度、准組合員を中心に「農業の応援団」を募集し、16,531名の方にご加入いただきました。また、2月には農業の応援団セミナーを実施しました。

農業の応援団の詳しい情報はこちらから

(2)広報活動を通じた情報発信

【実践内容】

JAぎふ公式LINE@友達限定お得クーポン内容一覧

JAぎふ公式LINE@会員登録はこちらから

友だち追加

JAぎふリオレーナの情報はこちらから

ページの上部へ戻る