JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

冬春トマトでは県で2人目 ポットファクトリー西内が「JGAP」取得

2019.06.14

本巣市のハウスでトマトを生産するポットファクトリー西内が5月22日、農業生産工程管理(GAP)の日本版「JGAP」の認証を取得しました。「JGAP」を取得することで、品質の確保と作業効率、持続可能な農業経営をめざします。2020年の東京オリンピックが間近に迫り、GAPの重要性が求められる中、生産者としての信頼性を高め、消費者や食品事業者の信頼につなげていきます。

ポットファクトリーの西内代表が所属する糸貫トマト振興会では、大熊昭哲部会長が2018年に、冬春トマトで岐阜県とJAぎふとして初の「JGAP」を取得しており、西内代表は2例目。大熊部会長から「一緒に振興会と地域農業を盛り上げようと」声をかけてもらったのがきっかけです。「JGAP」の取得には2018年12月より着手しました。「JGAP」を取得した二人の姿を見て、さらに同振興会の若手3人が「JGAP」をめざしています。

写真=「JGAP」認定書を手にする西内代表

また、西内代表は、20アールのハウスで大玉トマト「麗容」を生産しています。2017年に就農し、1年目で反収40.8トンと驚異的な数字を叩き出しています。3年続けて反収40トンを超えています。19年度は41トンの反収をめざします。

 

ページの上部へ戻る