JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

将来の農業女子への一歩 女子大初のアグリコース

2019.06.14

JAぎふ女子大「JAwing(ジャウィング)」では、「農」と「食」への理解を深めてもらうため今年度から「アグリコース」を新設しました。次世代を担う若い女性向けに、農業を通じて、将来、農業者として活躍できるグループ・組織化を目指します。

 アグリコースでは仲間の輪を大切にするつなぎ役に、新たに作った“つなぎ”の作業服を着用し、農産物栽培を行います。

 5月29日には「コンニャクの日」にちなんで、岐阜市にあるJAぎふアグリパーク周辺の畑でコンニャク芋とサツマイモ、ラッカセイを33人の受講生が定植しました。受講生は6グループに分かれ、当番制で中間管理作業(栽培管理)を行います。また、生育状況などはSNSを通じて発信することで、農業をより身近に感じ畑に足を運んでもらうことをめざしています。

写真=コンニャクイモを定植する受講生ら

 

 

 

ページの上部へ戻る