JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

『岐阜いちご』を1万人にPR

2019.05.17

ぎふ農協いちご部会は4月28日、「第9回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン2019」のランナーに『岐阜いちご』を提供しました。これは、海外を含む県内外から約1万人が参加する大会で、『岐阜いちご』のPRの一つとして企画しました。コース途中に設置された給水所で、水分補給と栄養補給のためにパックに入ったイチゴ3粒が提供されました。

 ぎふ農協いちご部会は、1万人に『岐阜いちご』をPRする良い機会として、13年から提供しており今回で7回目になります。イチゴはビタミンCが豊富で水分を多く含んでいるため、「疲れている体を癒し、栄養補給になる」とランナーから大好評です。

 この日は、部会の若手生産者で組織する「ぎふ農協いちご部会青年部」が中心となり「濃姫」と「美濃娘」約450㌔を準備しました。生産者とJAぎふの職員が沿道に立ち、声援を送りながらランナーにイチゴを手渡しました。

写真=ランナーに「岐阜いちご」を手渡す会員ら

 

 

記事一覧へ

ページの上部へ戻る