JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

負担を軽減するいちごパッキングセンター

2019.05.17

JAぎふでは、イチゴの出荷作業において大きなウエイトを占めるのがパック詰め作業をサポートする「JAぎふいちごパッキングセンター」を開設し、生産者がより多く出荷できる環境を提供しています。ピーク時には一日約5000パックの出荷調整作業を行っています。

イチゴの出荷作業において大きなウエイトを占めるのがパック詰め。たくさん収穫したくても、パックに詰める作業の手が回らないため、収穫適期を逃しイチゴの出荷ができないこともあるそうです。

パック詰め作業は、瞬時にイチゴの大きさや重さを見極める力と、バランスよくパック内に配置することが求められるため、コツや目利き力が必要となり、経験も求められる作業の一つです。慣れていないとたくさんの時間がかかってしまったり、せっかくのイチゴがつぶれてしまうこともある大変な作業です。

そこで、手間のかかるパック詰め作業をJAが代行し負担を軽減することで、出荷量と所得の増大をめざし、センターを開設しました。現在22人の生産者がセンターを利用しています。

センターには毎朝、「濃姫」「美濃娘」「華かがり」といった品種が運び込まれています。約30人の作業員が手作業でパックに詰めた後、専用の機械でラップをかけ出荷しています。この時期には約5000パックが、岐阜や北陸の市場などに出荷されています。

写真=コツと経験が必要なパック詰め作業をJAが担う

 

記事一覧へ

ページの上部へ戻る