JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

福祉の現場で役立てて 女性部がタオルを寄贈

2019.04.10

 JAぎふ女性部では3月28日、岐阜県福祉会館を訪れ、岐阜県社会福祉協議会に善意のタオル773本を寄贈しました。

 JAぎふ女性部では高齢者福祉活動の一環として、2009年から「タオル1本運動」を実施しています。毎年3月に開かれる女性部フェスタへ参加する部員に、家庭に眠っている未使用のタオルを1人1本ずつ持ち寄るよう募り、岐阜県社会福祉協議会に寄贈しています。このタオルは岐阜県社会福祉協議会を通じ、県内の老人福祉施設147か所で使用されます。

 この日は、JAぎふ女性部の河田昌子部長と助けあい組織の桐山百合子会長が岐阜県福祉会館を訪れ、岐阜県社会福祉協議会の中島守常務理事に介護の現場で役立ててほしいと、目録とタオルを手渡しました。

 

写真=中島常務理事(左)と感謝状を持つ河田部長(中央)と桐山会長(右)

ページの上部へ戻る