JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

経験の浅い会員のレベルアップに 後継者・新人対象に栽培基礎研修会を実施

2019.02.12

 柿産地の維持・発展のため、会員の基礎知識・技術向上と栽培意欲向上を目指し、瑞穂市柿振興会ではJAぎふ巣南支店で1月19日、後継者・新人対象栽培研修会に30人が参加しました。

 この栽培基礎研修会は、瑞穂市柿振興会会員の後継者であったり、新規就農者であったりと比較的経験年数の浅い会員および会員家族が対象。今回は、栽培する中で安定生産と作業効率、高品質生産などを目的とした栽培基礎知識と整枝剪定の作業について学びました。

 岐阜農林事務所農業普及課の担当普及員が、座学研修会で年間の管理と防除の仕方それぞれのポイントを細かく説明。続いて圃場に移動し、説明を交えつつチェーンソーとのこぎりを使用した剪定の実演を行いました。

写真=参加者が見守る中、剪定の実演をする担当普及員

 

 

ページの上部へ戻る