JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

JAぎふ養液栽培部会がリオレーナへ野菜を贈呈!!

2018.05.17

 JAぎふリオレーナに頼もしいサポートが始まりました!
 平成30年5月15日(火)、JAぎふ本店にて野菜贈呈式が行われ、JAぎふ養液栽培部会からリオレーナへ新鮮・安全・安心なぎふの野菜が贈られました。
 養液栽培とは、土を使わず養分を溶かした水で野菜を育てる栽培方法です。フリルレタス生産者の古田彰さん、サラダほうれんそう生産者の小川哲司さん、トマト生産者の藤井美香さんの3名の「JAぎふ養液栽培部会」のJAぎふに恩返しがしたいという想いから、リオレーナへの毎月1箱ずつの野菜無償提供を企画していただいたことで、野菜提供の第1回目となる5月15日に贈呈式が開催されました。

左から、小川哲司さん、藤井美香さん、古田彰さん、佐々原和選手、田代麻樹選手、山本裕香選手

 贈呈式では、3名の生産者から#2佐々原和選手(主将)、#1田代麻樹選手(副将)、#5山本裕香選手へ直接野菜が手渡され、激励の言葉をいただきました。
 チーム強化の一環として、地元産の農畜産物を食べて試合に勝てる身体をつくる食事トレーニング「食トレ」を日々行っているリオレーナ。新たに始まったこの頼もしいサポートを背に、選手たちは「地元ぎふの野菜から力をもらい、リーグ戦で活躍できるようより一層のチーム強化を図っていきたい。」と感謝の気持ちを伝えました。
 リオレーナでは、提供された野菜をチームのSNSや活動の中で紹介するなど、地元農業のPRを積極的に行い応援し、ぎふの農業者の所得増大へ貢献していきます。

 

ページの上部へ戻る