JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

体験農園「ふれあい農園みずほ」が瑞穂市内に開園

2018.05.02

 JAぎふでは、都市部農地(主に市街化区域内農地)の振興・保全を目的に新たなプラン、農業体験農園“MLG” (My Learning Garden)の開設を各地で進めています。その3例目となる「ふれあい農園みずほ」が瑞穂市内に開園しました。

 同JAでは、高齢化や後継者不足に悩む、都市部農家の農的土地活用対策として、農業体験農園(JA支援型)の開設に積極的に取り組んでいます。農業体験農園“MLG”は地主が園主となり、種苗・農機具をすべて用意して農園経営を行います。利用者は手ぶらで気軽に「農」が体験でき、野菜作りを通じて仲間との新たなコミュニケーションが生まれることが期待されます。

 今回の「ふれあい農園みずほ」は、瑞穂市にある約600㎡の体験農園です。開園日には3人の入園希望者が体験を行い、プロの農家やJAの担当者に技術やコツを教えてもらいながら、キュウリやジャガイモの植え付けなど、普段やったことのない農作業を楽しみました。

 同JAでは、こういった体験型農園の開設を地域の農家と一緒になって進め、地域農業を未来へつなぎ、農が身近にある地域の創造をめざしています。

ページの上部へ戻る