JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

2019年度退団選手・スタッフのお知らせ

2020.03.25

 いつもJAぎふリオレーナへ熱いご声援をいただき、誠にありがとうございます。
 このたび、#1田代麻樹選手、#2佐々原和選手、#4吉井奎乃選手、#7尾花佳甫の4名の選手と、中村早紀子コーチ、皆川佳介コーチの2名のスタッフが退団することとなりましたので、ご挨拶申し上げます。

 田代選手は、2015年に入組してから5年間チームに在籍し、内定時からリオレーナのミドルブロッカーとして活躍、テクニックを活かしたブロードと高いブロックでチームに貢献してくれました。そして、2018年から副将に就任し、主将の佐々原選手が怪我で不在の時は田代選手がチームを支えてくれました。
 佐々原選手は、2015年に入組してから5年間チームに在籍し、安定感のあるレシーブとパワフルなスパイクで2015/16V・チャレンジリーグⅠにて新人賞を獲得、中心選手として貢献してくれました。その後、度重なる怪我に苦しみながらも、2017年から3年間主将としてチームをけん引してくれました。
 吉井選手は、2015年に入組してから5年間チームに在籍し、持ち前の明るさと笑顔でチームを盛り上げ、パワフルなスパイクとフレッシュなプレーで2018-19シーズンの準優勝に大きく貢献してくれました。
 尾花選手は、2017年に入組してから3年間チームに在籍し、入団当初から怪我に苦しみ出場機会は少なかったものの、2019年夏に復帰を果たしてからは、持ち前のガッツ溢れるプレーと機動力のあるブロードでチームに貢献してくれました。

 中村コーチは、選手として9年間、スタッフとして1年間、計10年間チームに在籍し、行動力と発信力を活かしあらゆる面でチームに貢献・サポートをしてくれました。
 皆川コーチは、2016年に入組してから4年間、また内定時からもチームに帯同し、的確なアドバイスと自身のキャラクターでチームを盛り上げ、チームに貢献してくれました。

 なお、引退する田代選手、佐々原選手、吉井選手と退団する皆川コーチは、4月以降業務に専念します。尾花選手は2020年2月末をもってすでに退職、中村コーチは今月末3月31日をもってJAぎふを退職し、新天地にて新生活をスタートします。

 引退・退団する6名の選手・スタッフへのたくさんのご声援、誠にありがとうございました。
    

 

■#1 田代麻樹選手 よりコメント

 いつもリオレーナに温かいご声援ありがとうございます。
 この度、リオレーナを退団し現役を引退する決意をしました。
 在籍した5年間で、色々な経験をさせていただき自分自身大変貴重な時間を過ごさせていただきました。辛い事・楽しい事、たくさんの事がありましたが、家族・友人・仲間・ファンの方々・職場の方々に支えていただき、ここまでバレーを続けることができました。
 今まで大きな怪我をすることなくここまでやってこれましたが、最後の1年は肩の怪我で思うようなプレーをできませんでした。ですが、皆さんの応援が力となり悔いなく8歳から続けてきたバレーボール人生に終止符をうつことができました。ありがとうございました。
 これからは業務に専念しますが、バレーボールで培ってきたものを今後の人生に生かし、私らしく頑張っていきたいと思います。
 これらかもJAぎふリオレーナへの変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。

 

 

■#2 佐々原和選手 よりコメント

 いつもリオレーナへの熱い応援、本当にありがとうござます。
 この度、現役を引退することを決意しました。
 1年目のリーグではチームが3位になり、たくさんの方々のおかげで新人賞もいただくことができ、華々しいスタートを切ることができました。しかし、2年目のリーグでは下部リーグの入替戦を経験し、3年目からの3年間はキャプテンをしながら怪我との戦いの日々でした。
 怪我の悪化で練習に入れず一人リハビリの日々。試合も外から見ていることしか出来ず、孤独さと歯がゆさと申し訳なさでいっぱいでした。キャプテンとしてプレーでチームを引っ張るのではなく、プレー以外のところで仲間を支え、まとめて、引っ張っていく…。私にとっては簡単なことではありませんでした。怪我は治らないし、思うようにチームを引っ張っていけない。頭がおかしくなるんじゃないかと思うくらい悩んで考えて落ち込んだ時間がたくさんありました。ですが、その時間が私を成長させてくれた大事な時間だったと今は心から思っています。そんな私についてきてくれ支えてくれた仲間、任せてくれた監督には感謝の気持ちでいっぱいです。
 また、『復帰を楽しみにしているよ』『でも焦らないでね』と優しい声をかけてくださる職場の方々やファンの皆さん。そして、1番心配をかけたであろう遠くから支えてくれた家族。私が5年間現役を続けるとこができたのは、たくさんの方々の支えがあったからだと心から思っています。
 本当はもっともっとみんなと練習して上手くなって、もっともっとコートに立って活躍して、チームや応援して下さる方々に恩返しをしたかった、というのが本音ではありますが、最後と決めた今シーズンのリーグで、5試合コートでプレーする姿を見ていただくことが出来ました。その5試合は、忘れられないくらいとっても楽しく、バレーが出来る喜びを噛みしめながらプレー出来たことを今でも覚えています。
 リオレーナを通じて素晴らしい仲間・スタッフと出会え、たくさんの方と繋がることが出来たこの5年間は、私にとって一生の宝物です。本当にありがとうございました。
 これからもリオレーナの応援をよろしくお願いいたします。

 

 

■#4 吉井奎乃選手 よりコメント

 いつも沢山の温かいご声援をありがとうございます。
 この度、引退することとなりました。5年間、本当にたくさんの応援をありがとうございました。
 たくさんの応援や支援のおかげで、大好きなバレーボールを全力で楽しむことができました!「プレーを見ていて楽しい」「応援したくなる」そんな選手でいれたでしょうか?14年間のバレー人生でしたが、悔いなくやり切った気持ちでいっぱいです。
 これからは業務に専念することになりますが、岐阜県民として、岐阜のバレーを盛り上げていきたいという気持ちは変わりません。微力ではありますが、指導する側になり、第2のバレー人生を歩みたいと思います!そして、感謝の気持ちを忘れず、たくさんのことにチャレンジしていきたいと思います!
 本当にたくさんのご声援、ありがとうございました。
 これからもリオレーナに熱いご声援をよろしくお願いいたします。

 

 

■#7 尾花佳甫選手 よりコメント

 いつもリオレーナへの温かい応援、ありがとうございます。
 この度、退団することになりました。3年間、色々なことがありましたが、たくさんの方に支えられ貴重な経験をさせていただくことが出来ました。すべての経験を自分の成長の糧にしていけるよう、感謝の気持ちを忘れずこれからも目標に向かって進んでいきたいと思います。
 チームメイト、スタッフ、家族や友人、職場の皆さま、ファンの皆さま、お世話になったすべての方に心から感謝しています。本当にありがとうございました。
 これからもリオレーナに熱いご声援をよろしくお願いいたします。
 

 

■中村早紀子コーチ よりコメント

 いつもリオレーナに熱いご声援をいただき誠にありがとうございます。
 この度、JAぎふを退職しチームを離れることとなりました。
 JAぎふで10年間培ったものは、私にとってかけがえのない財産となりました。仲間や周りの皆さまにも恵まれバレーと仕事ができたこと、本当に心から感謝しています。
 毎年チームを去るみんなを見送ってきた私にとって、送り出される側になるのはなんだかむず痒い気持ちです。そして、Vリーグ昇格前からお世話になったチームを離れるのは、本当にさみしい気持ちでいっぱいですが、離れていてもこのチームを応援し続けていきたいと思っています。
 長い間、たくさんのご声援を本当にありがとうございました。
 これからのリオレーナの活躍を心から願っています。

 

 

■皆川佳介コーチ よりコメント

 日頃よりたくさんのご声援ありがとうございます。
 この度、4年間お世話になりましたチームを退団することとなりました。
 V1昇格を目指してファンの皆さまとともに戦ってまいりましたが、目標を達成することができず、コーチとして不甲斐なさを感じた4年間でした。しかし、得たもの・経験も非常に多く、バレーを通じて自分自身が成長できたことにとても感謝しています。
 私はチームを離れますが、これからもリオレーナへの熱いご声援をよろしくお願いいたします。
 

 

 

 

 >リオレーナホームページへ

 

ページの上部へ戻る