JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

夢への第一歩 第一弾「トマトソース」

2019.07.16

岐阜県本巣市でトマトを生産するポットファクトリー西内では、自家栽培するトマトを使ったトマトソース「和風トマトソース」を販売しています。県外からも買いに来るほどの人気商品です。

使用するトマトは、規格外品は一切使わずに、市場に出荷できる製品を完熟させ加工用に残し、その中でもおいしいと自信を持てるトマトだけを加工しています。他にはない物を作りたいと、2018年8月から加工業者と味の研究をしてきました。一瓶300ミリリットルの中に1.5個のトマトを使い、トマト本来の甘みと酸味を楽しむことができます。カツオだしやニンニクを使い和風味にすることで、和洋中のさまざまな料理で使える万能ソースです。

ポットファクトリー西内は、本巣市内の20アールのハウスで大玉トマト「麗容」を栽培し、5月には農業生産工程管理(GAP)の日本版「JGAP」を取得しています。西内代表は、2017年に就農。就農時に市に提出する就農計画に、6次産業化に取り組むことを明記しており、自分の描いた道に一歩一歩近づいています。また2019年から「トマトポン酢」の加工にも取り組みます。

価格は1瓶380円。JAぎふの産直施設「糸貫農産物販売所」と「おんさい広場はぐり」で販売しています。

写真=直売所でトマトソースをPRする西内代表

 

 

ページの上部へ戻る