JAぎふ

農業と地域の明日をつくる
花1
花2

TOPICS

地元畜産物のおいしさ知って 畜産振興会が料理教室

2018.03.23

地元畜産物のおいしさ知って

畜産振興会が料理教室

 

岐阜市畜産振興会では2月17日、JAぎふアグリパークで「親子ふれあい料理教室」を開きました。

同振興会は酪農部会、養豚部会、養鶏部会、肥育牛部会、養蜂部会で構成され、安全・安心な畜産物の提供に努めています。地元畜産物のおいしさを知ってもらい、消費の拡大を目指そうと岐阜市が協力して毎年、料理教室を開いています。

この日は、小学生とその保護者10組21人が参加し、講師の中島美恵子さんが作り方のポイントを説明。各部会から提供された牛乳、ハチミツ、鶏卵を使用し、「スイートポテトのポタージュ」「きのこのかんたんキッシュ」「スペイン風オムレツ」「フルーツヨーグルトサラダ」などのスイーツ料理に挑戦しました。

同振興会の江﨑紳治会長は、「小さい子を持つ若い親に参加していただき、市内で育った安心な畜産物をおいしく食べてほしい」と話していました。

ページの上部へ戻る