想いを伝えます 生産者の声

ホーム生産者の声 > 【(有)フローラ・ヤノオーキッド】 矢野 将さん

想いを伝えます 生産者の声

感謝と思いに応える花生産をめざして

矢野 将さん

【(有)フローラ・ヤノオーキッド】 矢野 将さん

就農のきっかけ

(有)フローラ・ヤノオーキッドは、両親が海津で「バンダ」の生産を始めたときに創業し、私が25歳の時、岐阜市内の現在の場所に移転しました。その際、規模も拡大し、両親の負担も大きくなるので、少しでも助けたいと思い、就農を決意したんです。

「バンダ」という花

皆さんは「バンダ」という花を知っていますか? 洋ランの一種で青い花が咲きます。土や水耕栽培ではなく、根はむき出しで栽培します。特殊な方法で栽培する珍しい花ですが、贈答用や冠婚葬祭、さまざまな場面で活躍している花です。

「バンダ」という花

もっと多くの人に

「バンダ」を見たことはあっても、名前まで知らない人が多いんです。「バンダ」という花の名前を、もっと多くの人に知ってほしいです。うちでは、切り花で4~5万本、鉢で7000~8000鉢を出荷しています。この花では、日本一の生産量です。

細心の注意をもって

管理は主にコンピューターで行いますが、毎年・毎日異なる環境を、常に「バンダ」に最適な状態にするためには細心の注意が必要です。自分の目とデータで状態を見極め、ハウスの隅々まで気を配り、ハウスの環境や個体ごとの管理を決定しています。ボリュームがあり、きれいな花が咲いた時には私も幸せな気持ちになります。

気持ちに応える

東日本大震災をきっかけに、花生産への想いが大きく変わりました。「ただ、いいものを作っていればよい」という考えから、手にした人の顔を思い浮かべるようになりました。花は嗜好品です。消費や物流が止まってしまった中で、手にしていただいたことへの感謝とその思いに応える花生産をめざすようになりました。

「Know・農・Now」

妻とは、青年部「SEIBU JAiants 和」主催の婚活イベント「Know・農・Now」プロジェクトで知り合いました。農業に興味のある方と知り合えたことに感謝しています。このイベントは、地域の農業者や農業の魅力を知ってもらいたいという思いが強いイベントです。その延長線上に婚活という面もあると思います。

「Know・農・Now」

今年も開催

妻とは仕事も一緒にしていくので、同じ目標や夢に「バンダ」を通して向かっていけます。会話が多く、笑いのたえない家庭をつくっていきたいと思います。今年も「Know・農・Now」を開催するので、農業に興味のある女性にぜひご参加いただき、農業の魅力を知ってほしいですね。

※今年の「Know・農・Now」プロジェクトは広報誌9月号7ページで紹介しています。

JAぎふの直売所を見る

レシピ情報を見る

生産者の声

JAぎふ広報誌 ふれあいネット