想いを伝えます 生産者の声

ホーム生産者の声 > 【イチゴ農家】 西垣 忍さん

想いを伝えます 生産者の声

支えあえる仲間と未来へ向かい

西垣 忍さん

【イチゴ農家】 西垣 忍さん

親しみのある「イチゴ」に

自営でやっていた建設業をたたみ、祖父母がやっていた親しみのあったイチゴ栽培での就農を考えました。イチゴは、大生の人にとって親しみが深くポピュラーであることと、栽培は難しいですがイチゴができれば他の作物にも応用が利くのではないかと考え、就農を決意しました。

親しみのある「イチゴ」に

研修所の卒業生として

就農にあたっては、JA全農岐阜いちご就農者研修施設を紹介してもらい、研修に行きました。私は研修所の2期生となり、一から技術を学びました。私たちの経営の正否が、事業モデルとして今後に続く人へのバックアップ体制に影響を与えます。新たに農業を志す人のいい見本となるよう、100%のイチゴのおいしさを届けていきたいと思っています。

若手生産者の想いを

他業種からの転換ということで、農業の良いところも悪いところも理解できる。そんな分析から、少しずつでも良い方向へ変えていきたい。そんな想いの若手生産者が集まったのが、いちご部会青年部です。若い世代が、それぞれの思いや悩みを持ち寄り、新たな活動の場を広げていこうと盛り上がっています。

新たな取り組み

昨年には、青年部の活動から岐阜いちごの「濃姫」を原料に使用した長良園さんの「信長の赤」というお菓子屋ダブレット菓子「岐阜ベリー」が発売されました。おみやげとしてPRできる商品で、イチゴのない季節も含め、1年中、岐阜のイチゴの魅力が発信できます。6次産業化はPRの一つ。今後さらにたくさんの場所で「濃姫」や「美濃娘」が使われるように考えていきたいですね。

支えてくれる部会

青年部の活動や若い意見を後ろから支え挑戦させてくれる、北川千治部会長をはじめとする部会の皆さんには感謝しています。理解のある部会でよかったと思っています。もちろん、やらせてもらえる以上、それにこたえる責任もありますので、成果とともに地域農業の活性化という形でも恩返しができればと思っています。

農業を考えている人へ

この地域には若い生産者がたくさんいて、活発な意見交換も行われています。そして指導してくださる先輩もたくさんいます。若い生産者が一層成長できる環境があります。私が支えられたように、これから続いていく新たな生産者の支援ができるようになりたいです。

JAぎふの直売所を見る

レシピ情報を見る

生産者の声

JAぎふ広報誌 ふれあいネット