想いを伝えます 生産者の声

ホーム生産者の声 > 【(有)棚橋ファーム】 棚橋 司さん

想いを伝えます 生産者の声

人とのつながりから成長

棚橋 司さん

【(有)棚橋ファーム】 棚橋 司さん

こだわりの卵「醍醐卵」

棚橋ファームの卵は、醍醐味ある味をめざして「醍醐卵」と名付けています。「健康なニワトリはおいしい卵をはぐくむ」という理念から、ニワトリが毎日口にする"エサ"や"水"には、とことんこだわっています。「醍醐卵」は、単にビタミンやDHA等をたくさん与えて特定の栄養価を強化した卵ではなく、季節や天候に応じた配合のエサで、健康にストレスが少なくなるように育てたニワトリの卵です。

妥協しない卵に

卵は、エサを変えると味や色まで変化します。「醍醐卵」を使っていただける方たちの信頼を裏切らないよう、味や見た目のバランスを守り、品質に妥協は一切ありません。皆さまに満足いただける卵を生産し続けるためにも、さまざまな研究を絶えず行っています。

選ばれる卵をめざして

毎日の食卓に欠かせない卵。たくさんの卵が出荷されていますが、それぞれに特徴があり、おいしい卵です。その中から「選んでもらえる卵」をめざしています。「醍醐卵」はおんさい広場各店舗や岐阜市内のJAの産直施設などでもお買い求めいただけます。私たちのこだわりをぜひ味わっていただきたいと思っています。

卵と向き合う

父が興した「(有)棚橋ファーム」。小さいころから、いずれは手伝うことになると思っていました。高校卒業後、社会勉強と養鶏技術を学ぶために、ひよこを孵化して販売する会社で働きました。その後、棚橋ファームに入り、兄がニワトリの管理、私が営業や調整作業という役割で日々、卵と向き合い、皆さんに満足いただける卵をめざしています。

卵と向き合う

大切な人とのつながり

農業を始めて一番感じることは、「人とのつながりの大切さ」です。岐阜市西部地区青年部"seibu JAiants 和"や近郊の農業者の皆さんとは、業種や生産作物を越えた交流を行っています。こういった交流を通して、違った考え方や視点を知ることができ、私自身の世界の広がりを感じています。人とのつながりは財産ですね。

青年部の活動から

青年部では「地域の皆さんに地域の農業の魅力をもっと知ってほしい」とたくさんの活動を行っています。その中の一つが「婚活(今年は11月に開催予定です。ご期待ください)」であり「食農教育活動」です。活動から地元の農業を知ってもらうことで、地域農業が活性化すればいいと思います。

JAぎふの直売所を見る

レシピ情報を見る

生産者の声

JAぎふ広報誌 ふれあいネット