月別アーカイブ: 2月 2016

JAぎふと国立大学法人岐阜大学応用生物学部が協力協定を締結

JAぎふと国立大学法人岐阜大学応用生物学部は、地域社会への貢献と相互に連携・協力し、地域活性化と人材育成に寄与することを目的とする協定を締結しました。JAぎふが大学とこのような提携を結ぶのは初めて。この協定を農協改革の一環位置づけ、生産や流通の多様化に対応し、農家所得の増大をめざしていきます。 協定では、JAぎふが岐阜大学の学生を積極的に生産現場に招き、生産・流通の現状の調査・研究への協力や生産者と意見交換することを通して、農産物の販路拡大をめざした流通や加工、ブランド化の提案をうける計画となっています。 この協定から生まれる、既存の生産・物流・販売に新たな視点から生まれた発想をフィードバックし、販路拡大や新たなシステムの構築に取り組んでいく。生産力の向上のみではなく、消費までのプロセスを詳細に把握し、プロダクトアウトからマーケットインへの転換を加速していくことから、地域の農業振興と活性化をめざしていきます。研究を行う学生にも、畑からテーブルまでの概念を理解し、卒業後もそのマネージメントを実現できる人材育成につながることが期待されています。

カテゴリー: お知らせ |

岐阜市の特産農産物「ぎふベジ」を大消費地名古屋にも売り込め!

岐阜市はJAぎふと協力し、同市内でとれた農産物をPRする「ぎふベジフェア」を名古屋市熱田区のイオン熱田店で19日から21日までの3日間にわたり開催しました。岐阜市では、27年度から市特産農産物を「ぎふベジ」と名づけ地元の取扱店と協力してブランド化を進めています。今回、大消費地である名古屋市内へも売り込もうと初めて市外でのフェアが企画されました。 生鮮食品売り場に、市内生産のコメや旬のイチゴやホウレンソウ、ダイコン、卵などの農産物や加工品を集めた特設ブースが設けられたほか、店内の特設ステージで同組合の櫻井宏JAぎふ組合長や細江茂光岐阜市長がトップセールスとして農産物をPRしたり、岐阜のご当地アイドル「岐阜♡濃Know姫隊のミニライブやフードコーディネーター蓮沼あいさんによるクッキングステージも開催されました。 イベントでは、岐阜市産のイチゴ「濃姫」「美濃娘」の食べ比べや、ハツシモの卵かけごはんの試食会なども行われ、多くの消費者が岐阜市で育まれたおいしい農産物を堪能し購入していただきました。 20日には、櫻井組合長や細江市長らが、量販店担当者とともに販売会場を視察し、消費者から意見を聞いたり、生産者や加工業者と意見交換し状況を確認。販売動向や戦略、今後の展開などの参考にしていくということです。また、量販店側の代表者との意見交換会も行われ、ぎふの農産物がより広く多く消費されるための方策が話し合われました。

カテゴリー: お知らせ |

「食トレ」の成果!リーグ戦第3位で終了!

バレーボール女子のV・チャレンジリーグⅠに所属し、全国の強豪たち熱戦を繰り広げてきたJAぎふ女子バレーボール部「JAぎふリオレーナ」。2月21日にリーグ戦全21戦を終了し、13勝8敗で3位(前年5位)と好成績を残しました。 好結果の背景には、「食の強化はチーム強化の第一歩」とし、今季から導入した「お米を中心とした食事管理」があります。27年4月より、日本体育協会公認スポーツ栄養士の馬淵恵さんの指導の下、食生活の管理・改善に取り組み、食べることによるトレーニング「食トレ」を導入しました。食アスリートジュニアインストラクターの資格を持つ調理師が献立を組み立て、選手の食生活サポート行ってきた。体重・体調管理や栄養管理を徹底することにより、スタミナ・集中力等の向上により、最後まで競り負けないチーム作りをしました。 食生活の変化は、スタミナ・集中力の維持につながり、チームカラーでもある粘りのバレーを最後まで続けられ、練習の成果を試合で活かすことにつながったと選手は口をそろえます。集中力の向上により、サーブレシーブ成功率はリーグトップとなり、守りのチームに磨きがかかりました。また、選手個人ではウイングスパイカーの岡部彩花がリーグ得点王となるなど、個人の技術・体力の向上にもつながったということです。 リオレーナの強さの秘密は「食」。スポーツだけでなく勉強にも食事は重要。集中力の向上や持久力もつくので、さまざまな分野に応用ができそうですね。

カテゴリー: JAぎふリオレーナ |

那加支店が移転・新築オープン

JAぎふは2月15日、店舗の老朽化が進んだ那加支店を移転・新築し、オープンセレモニーを行いました。    同店舗は築45年が経過し、店舗の老朽化が進んだこと、立地条件が不便だったことから移転が決定。かねてから建設を進めてきました。    新店舗はいちょう通り(県道152号)に面し、利用者が来店しやすい便利な場所となっています。信用・共済・購買の事業ごとに窓口を備え、自動発券機を設置。2階部分には会議室と地域活動室があり、各種会議やJA女性部の料理教室など、協同活動の拠点として利用できます。   オープンに際し、JAぎふの櫻井宏代表理事組合長をはじめとする常勤役員、那加支店長、地区理事らによるテープカットと、地元のひよし幼稚園園児らによる鼓隊演奏が行われました。 新しい那加支店は、コチラをご確認ください。

カテゴリー: お知らせ |