月別アーカイブ: 3月 2014

「ストップ君」が子供たちを見守る

JAぎふは、子供たちが安全に育つ環境づくりに貢献できればと、交通安全活動に力を入れています。その一環で、管内の保育園・幼稚園など179施設に、交通安全標識「ストップ君」を寄贈していきます。 「ストップ君」は、センサーで音声が流れる標識。標識でドライバーに、音声で子どもたちに注意を促し、事故防止につながります。 3月19日には、佐藤正明常務と山県市の林宏優市長が富岡保育園で「ストップ君」を紹介。近づくと音声が流れることに驚いた様子で交通安全を学びました。 JAぎふでは、このほかにも交通安全キャラバンの開催などで交通安全への意識を高めてもらおうとする地域貢献活動を積極的に行っています。

カテゴリー: 未分類 |

JAぎふ年金友の会はご存知でしょうか?

JAぎふ年金友の会はご存知でしょうか?JAぎふで年金をお受け取りいただくと特典いっぱいのJAぎふ年金友の会に自動入会となります。「JAぎふ年金友の会」は入会費・年会費は無料です。毎年会員証をお届けいたします。会員特典としていろいろなサービスが受けられます。 また、各支店を単位とした支部の活動では、「感謝の集い」や「会員親睦旅行」などの楽しい企画が盛りだくさんです。 3月18日には、高富支部が「感謝の集い」を初開催。防犯に関する講演やさすらいのエンターテナー「新之助」の園芸アトラクションや抽選会に224人の会員にご参加いただきました。 JAぎふでは、年金についての疑問解決のお手伝いになればと専門家(社会保険労務士)による年金相談会を開催しています。相談会の日程はこちら  年金友の会、年金の受取、年金についての疑問ご相談は、各支店窓口までどうぞ。

カテゴリー: 未分類 |

旬刊Minorieno 「米麹で作るプチ味噌みそづくり体験」当選者発表について

2月26日に発行いたしましたJAぎふのコミュニティー誌「旬刊Minorieno」。その中で募集いたしました「米麹で作るプチ味噌づくり体験」には、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。 3月10日の締め切りまでに、212名のご応募をいただきました。 ご当選の皆様には3月14日にご案内をさせていただきました。おめでとうございます。惜しくも当選となりませんでした皆さまには、あしからずご了承ください。 今後も、皆さまにご参加いただき、楽しんでいただけるように企画してまいりますので、よろしくお願いします。

カテゴリー: 未分類 |

イチゴフェアが産直店舗で開催されました

15日はゴロ合わせで『いちごの日』です。3月15日には、「おんさい広場」の3店舗と糸貫農産物販売所で、岐阜いちごの「濃姫」「美濃娘」をアピールし、多くの人に同産のいちごを知ってもらおうと「いちごフェア」を開催しました。 各店舗の店頭には、野菜ソムリエの資格を有するJA職員らが「濃姫」「美濃娘」の試食コーナーを設けて、品種ごとの特徴や食べ方のポイントなどを専門家ならではの視点で説明し、提案型のPRイベントとなりました。多くの人が好みのいちごを購入していただきました。

カテゴリー: 未分類 |

イチゴのピークがやってきます

本巣地域園芸特産振興会いちご部会は3月11日、本巣カントリーで中間目揃会を開きました。気温が上がり出荷量が増え、過熟が発生しやすい時期に、品質の安定と管理の徹底を図りました。 同部会では、S・Mサイズ混合で量目が1パック600gのバラ詰め出荷を行っています。ジャムなどの加工用としてやたくさんの量を食べたいというニーズに対応しています。生産者にとっては、サイズの小さなイチゴを効率的に出荷できるというメリットもあるということです。 出荷は5月末あたりまでの予定です。「岐阜いちご」は、スーパーなどでは濃姫・美濃娘を目印にお買い求めください。また、おんさい広場各店舗や管内の産直施設でもお買い求めいただけます。

カテゴリー: おんさい広場, 旬のお野菜 |

産地のこれからを考えさらなる発展へ

瑞穂市の瑞穂市柿振興会は、生産者の減少などにより将来の産地維持が危ぶまれる状況を改善していこうと、「瑞穂市柿振興会諮問会議」を設置し、「瑞穂市における今後の柿産地のあり方」を協議し、3月10日に振興会に答申しました。 この会議には、同振興会の経験年数が浅く柿生産に意欲的な生産者11人を委員とし、瑞穂市や岐阜農林事務所、JAぎふが参加。昨年5月から7回にわたり将来の瑞穂市の柿生産について、強みや魅力、弱みなどの分析や具体的な施策づくりなどをおこない、企画を練り上げてきました。 答申では、「富有柿発祥の地であることやキャラクター「かきりん」を活かしたPRを」「栽培面積の減少を防ぐためにも担い手(作業受託)組織やシステムの構築を」など、現在の問題点とその課題を短期や中長期的に解決し、今後の柿産地としての瑞穂市のあり方と新しい振興会の将来像が盛り込まれました。今後研究・検討をさらに加えるために、同会議を母体とした研究部会を設置する予定。産地を盛り上げる企画の実施や試験導入など行い、将来に向けた本格的な検討に入るということです。

カテゴリー: 未分類 |

地域活動の拠所をめざし、厚見支店オープン

3月10日、岐阜市東明見町に厚見支店がオープンいたしました。厚見支店と上川手支店を統合し、新たな場所に新築オープンとなりました。 新店舗は、敷地面積2,010㎡、延べ床面積927㎡(倉庫含む)の2階建て店舗。会議室や調理もできる組合員活動室を備え、地域の皆様とのふれあいから、地域活動の拠所にとなれる店舗をめざしてまいります。 店舗の統合に伴いまして、上川手支店(支店番号:026)でのお取引は厚見支店(店舗番号:018)でお取扱いさせていただきます。 旧上川手支店のお客様につきましては、貯金通帳の切り替え等が必要になります。詳しくは支店窓口までおたずねください。 なお、これまで上川手支店のお客様にお振込を頂いておりましたお客様につきましては、振込先の口座番号が変更になっている場合があります。振込先のお客さまへ口座番号等の確認をお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ |