月別アーカイブ: 10月 2013

2013.10.02:『早秋』『太秋』で柿シーズンスタート/柿の出荷が始まる

 管内の代表的な秋の味覚「柿」の出荷が始まりました。「早秋」「太秋」などから10月末あたりから主力である「富有」が出荷されます。管内には5つの振興会があり、安全・安心・大玉で品質の高い柿づくりを行っています。 今年産の「早秋」「太秋」の生育は、着果数は平年よりも若干少ないが大玉傾向で、食味は例年以上に良好に仕上がっています。 中京市場を中心に東京や北陸市場にも出荷され、おんさい広場各店舗や各産直施設でも購入することができます。

カテゴリー: 未分類 |

2013.10.01:「利平くり」出荷がピーク/生誕の地山県市で収穫順調

山県市大桑地区で、同地区が生誕の地である「利平くり」出荷がピークを迎えました。9月30日には山県市大桑のJAぎふ栗選果施設には、約1.4tの地域自慢の大玉な栗が運び込まれています。地域伝統丸々と太ったクリの実が、本格化する実りの秋を告げています。  山県市は、大桑地区を中心に大正時代から続く歴史ある産地。特に全国的に栽培が行われ、甘みが強く大粒な「利平くり」は旧山県郡大桑村で作りだされた品種です。  10月中旬まで、岐阜市場と同JAグリーンセンターたかとみに出荷される見込みです。  10月6日に山県市大桑四国山香の森公園で開催される「山県市ふるさと栗まつり」でも提供される予定となっています。

カテゴリー: 未分類 |

2013.10.01:11月からの出荷をめざし定植完了/イチゴの出荷が間近に迫ってきました。

管内のイチゴ生産者のハウスでは9月下旬に苗の定植作業が完了しました。11月中旬からの出荷にむけ、ハウス内での作業が次の段階(収穫へと向かう管理作業)へと移ります。 イチゴの苗づくり作業は、12月から親苗を親株としてランナー(つる)をはらせて、親株1本から子苗を約30~50株に増殖させてきました。夏が高温であったこと等で、水管理には大変気をつかった。花芽の分化かも順調に進んだこともあり、定植作業はスケジュール通りに進んだということです。 管内では主に「濃姫」や「美濃娘」が生産され、岐阜、北陸、名古屋市場にむけ、11月中旬から出荷が始まる見込みです。

カテゴリー: 旬のお野菜 |