安全・安心 JAぎふの農産物

ホームJAぎふの農産物 > 鉢花

安全・安心 JAぎふの農産物

鉢花

鉢花

主な栽培品種 <鉢花>
フランネルフラワー、カランコエ、ユリオプスデージー、シクラメン
<観葉植物>
サンスベリア
生産者 岐阜市園芸振興会
花き部会鉢物研究会

岐阜市内の鉢花生産量は全国的にも上位で、ユリオプスデージー、カランコエ、シクラメン、岐阜県特産のフランネルフラワーのなどの鉢花やサンスベリアなどの観葉植物の栽培も盛んに行われています。

岐阜市園芸振興会花き部会鉢物研究会
岐阜市内で鉢花や観葉植物を施設園芸で生産する若手花き生産者11人で構成される、若手農業者の研究会です。会員が互いに切磋琢磨し、共に育っていくことをモットーに、栽培・経営技術の向上を図る栽培研修会(定期)や即売会などのPR活動(年間4回程度)、岐阜市役所前に花を植える地域貢献活動(年間4回)等行っています。

JAぎふの直売所を見る

どこから来るの?お店に並ぶまで

安全・安心への取り組みを見る 生産者の声を見る

違いはどこ?銘柄紹介

フランネルフラワー
真っ白で星のような花を咲かせるフランネルフラワー。毛織物のフランネルのようにソフトで柔らかな葉が特徴です。
岐阜県農業技術センターで育成され、2005年に鉢花品種「フェアリーホワイト」の商品化に成功しました。暑さや寒さ、病害虫にも強く育てやすく、草丈は30センチ程度。咲き終わった花を積み取れば、ほぼ年中咲きます。8月頃に剪定すると秋によく咲き、多年生で数年間育つことができます。
ジャパンフラワーセレクション(2006-2007)のベストフラワー賞、ニューバリュー賞、人気投票第1位を獲得した美しい花です。
育て方(動画)
フランネルフラワー

みのっ太の豆知識

寄せ植えで花のある生活に ~簡単!寄せ植え教室~

花は一個でも十分美しいですが、みなさんの好みによって
アレンジも可能です。寄せ植えで季節を演出してみてはいかがでしょう。

材料等
花など・・・あまり種類の違う花だと同じような管理ができず、長持ちしません。
       管理方法の近い花を準備するとよいでしょう。
鉢・・・・・・・お好みの大きさで。花を入れたときに余裕がある程度。

①お好みの鉢を準備し、ポットの高さを残し土を入れる

②ポットや小鉢のまま鉢の中に入れ、イメージをつくる。
 土の高さが足りない時は追加する。

③ぽっ力だし鉢の中に配置する(このとき、根を傷めないように崩したり変形させるときには注意)

花の向きやバランスを確認して配置するときれいに仕上がる。

④すき間に土を押し入れる

⑤じょうろで水をやり土を整える

⑥飾りの石などで華やかさをプラス

完成


 


生産者が教えるポイントQ&A「フランネルフラワー」

Q:どのような場所に置くのがよいか
A:直射日光の当たる場所に置いて下さい。雨に当たっても大丈夫ですが、当たらない所(軒下など)の方が適しています。

Q:鉢替えや寄せ植えするとき
A:根を傷めると枯れやすいので、鉢を外したら根をほぐしたり、土をふるい落としたりしないように植え替えてください。

Q:水や肥料はどのように与えたら
A:湿りすぎには弱い花です。水は土の表面が乾き、鉢を持ち上げて軽いと感じたら与えてください。

JAぎふの直売所を見る

JAぎふの農産物

JAぎふ広報誌 ふれあいネット