安全・安心 JAぎふの農産物

ホームJAぎふの農産物 > トマト

安全・安心 JAぎふの農産物

トマト

トマト

トマト

出荷時期 10月上旬~7月上旬
栽培品種 桃太郎、麗容
栽培地域 本巣市、瑞穂市、岐阜市

日本にトマトが入ってきたのは江戸時代と言われていますが、当時は観賞用で、食べられるようになったのは明治時代に入ってから。現在国内の品種は100種を超えますが、中でも一番栽培されている「桃太郎」は、風味と甘みが強く、適度な酸味とマッチして一度食べたらやみつきになるのが特長です。
岐阜地域でトマトが栽培されるようになったのは、今から約40年前のこと。化学合成農薬の代わりに生物農薬を使用した減農薬栽培にも積極的に取り組んでいます。
トマトは、ケチャップやトマトジュース、ホールトマト等の加工品としても利用でき、イタリア料理には欠かせない食材です。

JAぎふの直売所を見る

どこから来るの?お店に並ぶまで

安全・安心への取り組みを見る 生産者の声を見る

みのっ太の豆知識

トマトの赤色・・・
トマトはリコピンを多く含んでいる野菜です。リコピンはトマトの鮮やかな赤色の素になる色素で、正常な細胞をがん化させたり、遺伝子を傷つけたりする活性酸素を除去してくれます。また、悪玉コレステロ-ルが酸化するのを防ぐので動脈硬化の予防もできる健康に良い食物です。栄養価は高く、アミノ酸の一種のアスパラギン酸が豊富で、新陳代謝を高め疲労回復に効果があります。

食材大活用!!レシピ情報

JAぎふの直売所を見る

JAぎふの農産物

JAぎふ広報誌 ふれあいネット